« 2020年07月 | メイン

2020年08月24日

サメザメと思うこと

 オーストラリア南東部の海岸でサーフィンをしていた35歳の女性がサメに襲われた。
 右足をかまれた女性は一度、海中に引きずり込まれたが、なんとか自力で浮上、サーフボードにつかまった。
 近くでサーフィンをしていた夫は妻の異変に気付くとすぐに妻のサーフボードに飛び移り、妻の足をかんでいるサメを素手で殴った。
 サメは体長3mほどのホホジロザメだったという。
 夫がサメの目を狙って殴り続けると、サメが妻の足を離したため、二人はその場から逃げた。
 サメはサーフボードをかみながら沖に向かったという。
 女性はヘリコプターで病院に運ばれ、手術を受けた。大けがだったが、命に別状はなかった。
 夫は「彼女は子どもにとっては母であり、私にとってすべてだ。だから体が勝手に動いた。『あっちに行け』と怒鳴りながら目を狙って殴り続けた。だれもがやることをやっただけです」と話している。

 このニュースを聞いた妻が「この男性、すごいね~!勇気もあるし、力も強い。言うこともカッコいい」とほめるのは分かる。
 体長3mのサメに立ち向かって妻を助け出したのは確かにすごい。
 でも、なんでほめるだけでやめず、「うちの夫には絶対に無理。もし私がサメに襲われたら夫は自分だけ先に逃げ出すか、怖すぎてその場に固まってしまい、ボーとしているうちに二人とも食べられてしまうかだなぁ」などと言うのだろう。どうしてそんな経験、したこともないのに「こうなる!」と決めつけるのだろう。
 自分の夫だって、いざとなれば、体を張って妻を守るかもしれないではないか。
 というか、いざとなれば妻がサメを殴り、蹴り、かみついて追い払うことになるかもしれないではないか。
 サメだって、かみたくなる足と、そうでない足があるかもしれないではないか。

 オーストラリアや米国では毎年何人ものサーファーがサメに襲われている。
 犠牲者が出てもビーチが閉鎖されるのはその直後だけで、すぐに再開される。
 同じ場所でサメに襲われても、それは自己責任。
 日本のように海水浴場の管理責任が問われることはないようだ。

2020年08月12日

盆 煩 Born

 徳の高い僧侶は新型コロナウイルスに感染しない、ウイルスの方が逃げていく、などということはない。
 偉いお坊さんだって檀家と同じように感染予防に努めている。
 盆参りで檀家宅を訪ねた奈良県の僧侶は、檀家が用意してくれたアルコールジェルで手を消毒した。その後、すぐにライターでロウソクに火を点けようとしたところ、手に残っていたアルコールに引火。手が炎に包まれ、必殺パンチを繰り出すアニメの主人公のようになってしまった。幸い、すぐに火を消せたので火傷はせず、手がヒリヒリする程度で済んだ。
 僧侶も檀家も、墓や仏壇にお参りするときはジェルタイプのアルコール消毒に気を付けた方がいい。

 盆に僧侶は多くの檀家宅を回る。
 昨年は僧衣姿で車を運転していた僧侶が福井県警に安全運転義務違反の青切符を切られたことが話題になった。反発した僧侶が僧衣姿で縄跳びをして見せたりした。
 ことしはウイルス禍のため、盆参りを辞退する檀家もいる。
 マスクをしたまま読経し、酸欠になりかけた僧侶もいる。
 本来なら、いまごろは東京五輪も終わり、「やっぱりマラソンが札幌だったのはねぇ」などと話しているものと思っていた。
 世の中、何が起こるか分からない。
 諸行無常の響きありだ。

 昨年と変わらないのは猛暑。
 下着姿でも暑いのだから、僧衣はもっと暑いだろう。
 最近、工事現場などで電動ファン付きの空調服を着ている人を見る。ファンが空気を送るので涼しいらしい。
 あれの僧衣版があればお坊さんも助かるのにと思っていたら、売っていた。
 大阪の和装品店で「空調ファン用略式白衣」が上下で約15000円、「空調ファン用白羽織」は約9000円、他にファンの充電器やバッテリーセットが約15000円。
 心頭滅却したって暑いものは暑い。

 政府は「三密」を避けるよう呼び掛けているが、「三密」はもともと仏教の言葉だ。
 真言宗や天台宗などの密教は、体や行動の修行を「身密」、言動の修行を「口密」、心や理念の修行を「意密」という。
 身密、口密、意密の三密は仏さまに近付き、密閉、密集、密接の三密はウイルス禍に近付く。

2020年08月11日

人間50年、いや80年、いや100年

 日本人の平均寿命がどんどん長くなっている。
 男は81歳、女は87歳。
 終戦直後の男50歳、女53歳からそれぞれ30年以上も長くなった。
 明治以前の平均寿命は30代から40年代だったらしい。
 70歳まで生きる人は「古来、稀(まれ)」だったから「古希」。
 織田信長が桶狭間の戦いに向かう際に吟じた幸若舞『敦盛』の一節は
 「人間50年、下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。ひとたび生を得て滅せぬ者のあるべきか」。
 人の一生は50年に過ぎない。天上世界と比べたら夢や幻のようなもの。命あるものはすべて滅びる。
 本成寺の変で信長が亡くなったのも49歳だった。

 とはいえ、これは平均値。
 短命もいれば長寿もいる。
 1000年前の平安時代、関白として藤原氏全盛時代を築いた藤原頼通は83歳まで生きた。
 10円玉の表に刻まれている平等院鳳凰堂を建立した人で、76歳まで関白を務めた。
 頼通の姉で一条天皇の皇后、紫式部が女房として仕えた藤原彰子も87歳、頼通の妻の隆姫女王は93歳まで生きた。
 幼いころ頼通に冷遇されたものの、即位後は藤原氏から権力を奪い返したのが白河法皇。平清盛の本当の父親という説もある法皇が崩御したのも77歳。
 平安時代であっても、権力者たちは現代と変わりなく長く生きた。

 自民党の二階俊博幹事長は昭和14年生まれの81歳。
 ちょうど日本人男性の平均寿命だが、まだ現役バリバリ。
 平安時代同様、権力中枢の人々は長生きする。
 二階氏は衆院初当選時から田中角栄元首相に師事し、田中派、竹下派、羽田派を経て平成5年に自民党を離党。新生党、新進党、自由党、保守党を渡り歩き、約10年ぶりに自民党に復党。経産相などを経て28年8月に幹事長に就任した。
 幹事長就任時の年齢は自民党史上最高齢の77歳。
 最年少記録は田中元首相の47歳。
 最長通算在職日数は田中元首相の1497日だが、二階氏が来月8日まで幹事長を務めると、この記録を塗り替える。

 日本という国も、田中幹事長のころは青年期だったが、いまは老年期のようになっている。