« ニコ二胡ニコ | メイン | 地元が一番! »

自己責任

 東京で働いている幼馴染からラインで連絡が来た。
 「きょう午後7時に東三条駅に着く。予定ある?」。
 いつも突然なのだ。久しぶりだったので「東三条周辺で飲もうか」となった。
 駅近くの店で先に飲み始めた。生ビールが空になっても来ない。
 どの電車で来るのか時刻表を調べたら、信越本線は上下線とも午後7時ちょうどに到着する電車がない。 電話をしたら「いまタクシーの中だ。見附のあたりにいる。もうちょっとで着く」。見附にいて「もうちょっと」はない。相変わらずいい加減な奴だ。

 幼馴染は柏崎での仕事を終え、柏崎駅から信越本線の普通列車に乗った。
 列車は長岡行きだった。長岡駅で新潟行きに乗り換え、午後7時すぎに東三条駅に到着する予定でいた。
 長岡駅が終点なのだから乗り過ごす心配はないと安心したのがいけなかった。
 車内で熟睡したらしい。
 気付いたら車内の乗客は自分ひとり。電車の走り方もいつもと違って、いやにゆっくりだった。
 「おかしい」と思って運転席まで行き、ドアをノックすると運転士の方が驚いた。
 結局、宮内駅近くにある車両基地の長岡車両センターまで行って降ろしてもらい、そこからタクシーで三条まで来たという。

 「運転士が若い奴でさ。『長岡駅に行きたかったんですか』とか聞くんだよ。車両基地に行きたいわけないのにな、オレ、鉄道オタクじゃないんだから」。
 でも、寝過ごしたお前が悪いんだから。
 「終点で乗客全員が降りたか確認しないのかって聞いたんだよ。そしたら運転士はムッとして『ワンマンですから』とか言ってた。そういうルールなのか知らないけど、乗客には関係ないからね」。
 いや、寝過ごす方が悪いんだって。
 「車両基地に向かう列車の速度が異常に遅いんだよ。途中で降ろしてくれと頼んだけど『ダメです』。もっと早く走ってくれと頼んでも『ダメです』。意地悪だよなぁ」。
 寝過ごさなきゃいいだけなんだって。

 車両基地から長岡駅まで戻っても、7時すぎに東三条駅に到着する電車には間に合わない。やむを得ずタクシーに乗ったが、料金は1万円だった。
 新幹線で燕三条駅まで来て、そこからタクシーに乗った方が早くて安かったなと言うと
 「あっ、そうか。あいつはそういうことも教えてくれなかったんだよ」。
 車内では自分で起き、車外では自分で考えよう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sugihit.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/320

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)