« 2019年07月 | メイン | 2019年09月 »

2019年08月17日

地元が一番!

 TBSテレビ『マツコの知らない世界』という番組が枝豆を特集していた。
 全国の豆を食べ歩いたという豆探検家の女性が山形の「だだちゃ豆」や青森の「毛豆」、兵庫の「丹波篠山黒枝豆」などを紹介していた。
 新潟産は「おつな姫」がちらりと映っただけだった。
 枝豆や野菜などの美味しさを左右するのは品種だけではない。栽培時期や鮮度によっても味は大きく変わる。
 いくら丹波の黒豆が美味しいといっても、本来は10月が適期の品種をいまごろ食べて美味しいわけがない。
青森や山形などの枝豆も、東京のスタジオまで運ぶ間に鮮度は落ちてしまう。
 県央で朝採った「湯あがり娘」をすぐにゆでて食べたときの香りや甘みにかなうわけがない。
 私たちが地元で食べている旬の枝豆、ナス、キュウリ、トマト、モモ、ブドウの美味しさ。
 これこそ「マツコの知らない世界」ではないだろうか。

 地元びいきついでに言うと、ラーメンも遠くの有名店はたまに行くだけで十分。地元が一番うまいと思う。

 最高気温が40度を超えた日も地元のラーメン店で、首に巻いたタオルで汗をふきながら大油ラーメンを食べた。
 この店はチャーハンもうまい。強烈な火力で炒めたパラパラの食感と、チャーシューから染み出る塩味がたまらない。
 主力メニューのラーメンが700円なのに対してチャーハンは800円。主力よりも100円高いのは、鍋を振って素早く作る技術料なのかもしれない。

 若いころはラーメンとチャーハンの両方を食べていたが、いまは無理。
 いつもどちらにするか悩んだ末に、背油を振りかけた太めんのラーメンを食べている。
 猛暑日は2人で行ったのでラーメン2人前のほかにチャーハンを1人前頼み、分け合って食べた。
ラーメンと一緒に食べるチャーハンがまたうまい。
 口の中に残る背油のこってり感を、パラパラのチャーハンが一掃してくれる。
 そこにまたラーメンのスープを流し込むと、炒めたコメがさらに違う味になる。
 ラーメンと餃子は主従のような関係だが、この店のラーメンとチャーハンはどちらも主役級の最強コンビになる。
 枝豆もラーメン店も、県外の有名銘柄、有名店より地元が一番だ。

2019年08月14日

自己責任

 東京で働いている幼馴染からラインで連絡が来た。
 「きょう午後7時に東三条駅に着く。予定ある?」。
 いつも突然なのだ。久しぶりだったので「東三条周辺で飲もうか」となった。
 駅近くの店で先に飲み始めた。生ビールが空になっても来ない。
 どの電車で来るのか時刻表を調べたら、信越本線は上下線とも午後7時ちょうどに到着する電車がない。 電話をしたら「いまタクシーの中だ。見附のあたりにいる。もうちょっとで着く」。見附にいて「もうちょっと」はない。相変わらずいい加減な奴だ。

 幼馴染は柏崎での仕事を終え、柏崎駅から信越本線の普通列車に乗った。
 列車は長岡行きだった。長岡駅で新潟行きに乗り換え、午後7時すぎに東三条駅に到着する予定でいた。
 長岡駅が終点なのだから乗り過ごす心配はないと安心したのがいけなかった。
 車内で熟睡したらしい。
 気付いたら車内の乗客は自分ひとり。電車の走り方もいつもと違って、いやにゆっくりだった。
 「おかしい」と思って運転席まで行き、ドアをノックすると運転士の方が驚いた。
 結局、宮内駅近くにある車両基地の長岡車両センターまで行って降ろしてもらい、そこからタクシーで三条まで来たという。

 「運転士が若い奴でさ。『長岡駅に行きたかったんですか』とか聞くんだよ。車両基地に行きたいわけないのにな、オレ、鉄道オタクじゃないんだから」。
 でも、寝過ごしたお前が悪いんだから。
 「終点で乗客全員が降りたか確認しないのかって聞いたんだよ。そしたら運転士はムッとして『ワンマンですから』とか言ってた。そういうルールなのか知らないけど、乗客には関係ないからね」。
 いや、寝過ごす方が悪いんだって。
 「車両基地に向かう列車の速度が異常に遅いんだよ。途中で降ろしてくれと頼んだけど『ダメです』。もっと早く走ってくれと頼んでも『ダメです』。意地悪だよなぁ」。
 寝過ごさなきゃいいだけなんだって。

 車両基地から長岡駅まで戻っても、7時すぎに東三条駅に到着する電車には間に合わない。やむを得ずタクシーに乗ったが、料金は1万円だった。
 新幹線で燕三条駅まで来て、そこからタクシーに乗った方が早くて安かったなと言うと
 「あっ、そうか。あいつはそういうことも教えてくれなかったんだよ」。
 車内では自分で起き、車外では自分で考えよう。