« 2018年08月 | メイン

2018年09月28日

感動のスピーチ

 県央ことしの最優秀スピーチという賞があるとしたら、ぜひ候補にしてほしいスピーチがある。首長や議員の演説でも、社長の訓示でもない。県内初の義務教育学校としてことし4月に開校した三条市立大崎学園(渋谷徹也校長)が、今月1日に行った体育祭でのことだ。
 1年生から9年生まで814人が赤、青、黄の3軍に分かれ、応援合戦を含めて16種目を行った。
 児童生徒が一堂に会すると、7歳の1年生の小ささや可愛らしさ、15歳の9年生のりりしさ、たくましさが際立つ。
 前期児童は玉入れや綱引き、後期生徒は騎馬戦やタイヤ取りなどで力を競い、全校による大玉送りで結束力を示した。

 競技の部は青軍、パネルの部と応援の部は赤軍が優勝。初代の総合優勝は赤軍が勝ち取った。
 午後3時過ぎからの閉会式では表彰のあと、各軍団長があいさつした。
 黄軍の団長はマイクの前に立ったものの無言。涙をぬぐうようなしぐさも見せた。その状態が30秒ほど続くと保護者席などから「頑張れ!」の声援が次々と飛び、拍手も起きた。
 それでも団長は無言。
 1分が過ぎ、2分が過ぎた。
 全校の児童生徒、教職員、応援の保護者はじっと待っている。
 2分半が経ってようやく
 「何も賞を取ることができなくて、本当に申し訳ないけれど…。最初で最後の体育祭を、最高のメンバーとともにできたことが本当に良かったです。ありがとうございました」。
 7、8、9年生は共感の拍手、5、6年生は感動の、3、4年生は尊敬の拍手を送り、1、2年生もそれにならった。

 無言のまま待つ2分はかなり長い。それでも後期の教師たちは余計な助け舟を出したりせず、じっと見守っていてくれることを前期の児童や保護者、また小学校の指導方法に慣れた前期の教師たちにも教えてくれたスピーチだった。
 みんなに賞を与えればだれも傷付かないという間違った平等意識が教育なのではなく、負けた悔しさをかみしめ、それを乗り越えていく力を育てることこそが本当の教育であることも示したスピーチだった。

 大崎学園の体育祭は黄軍団長の名スピーチもあって、思い出深い初の全校規模イベントとなった。

2018年09月20日

遠くのうどんより近くのラーメン

 春、弥彦神社に参拝してお願いしたことがかなったので、遅ればせながらお礼参りに行った。神体山の弥彦山を背にした越後国一宮は美しい。周辺の森も含めた厳かな雰囲気と、清々しい空気が参拝者を俗世とは別の世界に連れて行ってくれる。
 弥彦村民はじめ県央の住民は近くに弥彦神社があるために、旧社格の高い他の有名神社に参拝しても、宗教的雰囲気に圧倒され、感動するということがあまりない。「建物は大きいけど、全体の雰囲気はこんなものか」で終わってしまうことが多い。野鳥の鳴き声なども含めて、弥彦神社の方が神秘的だからだ。

 JR弥彦駅から弥彦神社まで1キロ足らずの散策路も風情があって魅力的だ。
 まず5年前にリニューアルした駅舎が素晴らしい。『千と千尋の神隠し』に出てきそうな建物だ。
 通りには趣きのある食堂や菓子屋もあれば、洒落たガラス工芸品店などもある。小料理店の軒先などあちこちに樹齢数百年の古木が立っているかと思えば、その隣には「大人とび出し注意」という交通安全看板もある。
「子ども」の飛び出しを警告する看板はあちこちにあるが、「大人」の飛び出しに注意しろと呼び掛ける看板は初めて見た。浮かれて飛び出す観光客が多いのだろうか。

 今春、駅前通りにオープンしたおもてなし広場にも寄った。ソフトクリームは、味が濃いのに後味はさっぱりしていて美味しかった。満腹だったので酒粕うま味噌の豚串は食べることができなかった。次は腹を減らして行かなくてはならない。うどんの店もあった。弥彦村と、讃岐うどんのまち香川県琴平町が姉妹都市だからという。「遠くの親せきより近くの他人」というが、弥彦村は「近くの背油ラーメンより遠くのうどん」を選んだようだ。

 道路向かい側には16haに及ぶ弥彦公園もある。春のサクラ、秋のもみじ谷は絶景だ。これらは他の有名観光地に負けない観光資源だが、十分に整備されているとはいえない。電信柱は散策の邪魔になるし、電線は通りの美観を損ねている。観光客目線で言えば東京・浅草寺や長野・善行寺の門前のようにもっとさまざまな店があった方が楽しい。
 燕三条地場産業振興センターが出店するなど県央全体で弥彦の観光開発に協力できないものだろうか。弥彦がよりにぎわえば新幹線駅や高速道インター周辺もにぎわうのだから。