« 2018年07月 | メイン | 2018年09月 »

2018年08月20日

新たな吉田病院像を!

 県立吉田病院の基本計画づくりが進んでいる。県は今月22日に第3回整備基本計画策定委員会を開き、もっとも重要な診療機能と規模について検討する。
 財政当局にとって吉田病院は「慢性赤字のお荷物病院」だが、地域にとっては大切な「命と健康を守る砦」だ。昨年3月に検討会議がまとめた報告書は「病院機能・規模のスリム化を図ったうえで、持続可能な病院運営に取り組む必要がある」としている。吉田病院には以前、18の診療科があったが、脳神経外科と神経内科は休止、産婦人科は分娩休止となっている。存続させるにはさらにスリム化しなければならないという。

 報告書は「特色ある医療の提供」も求めている。
 同病院の特色といえば消化器系と人工透析治療、そして心身症、発達障害、不登校などの子どもの心の診療と、アレルギー外来も含めた小児慢性疾患診療だ。報告書はこれら小児科診療について「現行機能の維持」を求めているが、維持するだけで強化はしないのだろうか。

 日本全体がそうであるように、県央でも発達障害の疑いがある幼児や小中学生が増えている。三条市の小学校で教師が「発達障害の疑いがある」と申告した児童は全体の9%に達している。
 適切に対応するためには専門医が診断し、症状に応じて言語聴覚士や作業療法士などが指導していくことが必要だが、新潟市や長岡市の専門医には県内各地から受診希望者が集まっており、初診を申し込んでも3、4か月待たなければならなくなっている。
 吉田病院の小児科医は常勤医2人と、県立病院などを定年退職したエルダー医2人の計4人。
 小児科医を新たに確保するのは難しいが、たとえば吉田病院の小児科医の診察と指導のもと、言語聴覚士や作業療法士、看護師、保健師、保育士などのチームが発達障害児をフォローしていく「療育センター」を地元市町村が協力して併設すれば、吉田病院の存在意義も若い医師たちの注目度も変わってくるのではないだろうか。
 整備基本計画策定委員会には南波瑞夫燕市副市長や小林豊彦弥彦村長も委員として参加している。地元はもちろん、県央全体が待ち望む新しい吉田病院像を提案してくれることを期待したい。

2018年08月01日

終わった人  終わった映画

 「これ、見たい」と思う映画が年に何本かある。 思っているうちに上映が終わってしまっていることが多い。
 『終わった人』もそのひとつ。内館牧子氏が著した原作は読んだ。内館氏は横綱朝青龍の言動を厳しく批判した横綱審議委員として有名だが、本職は脚本家。代表作にNHK朝の連続テレビ小説『ひらり』や大河ドラマ『毛利元就』などがある。脚本出身の作家は小説でも読者を飽きさせない。講談社文庫の『終わった人』はあとがきを含めて532ページと厚いが、一晩で一気に読んでしまった。
 小説は「定年って生前葬だな」で始まる。主人公は昭和24年、岩手県盛岡市生まれ。東京大学法学部を卒業し、メガバンクに入行したエリートだ。40代で本部の部長職まで出世するが、役員を目前にライバルとの競争に敗れて子会社に出向。63歳で定年退職する。
 仕事一筋だったので趣味もなければ友人もいない。子育てを終えて美容師になった妻は、まだ仕事が忙しくて相手になってくれない。スポーツジムやカルチャースクールに通っても、元エリートのプライドが邪魔をして他のジジババとの他愛のない会話に馴染めない。自分は「終わった人」なのだと頭では分かっていても、仕事をすることへの思いを捨てきれずに「成仏」できない、何かで自分の存在意義を確認したいと切望している。そこにスポーツジムで出会った若いIT企業経営者から「顧問になってほしい」との誘いがあり・・・。
 人生の着地点や、そこに軟着陸することについて考えさせられる小説だ。
 映画化したと知って「見たい」と思った。ただ主人公を舘ひろしさんが演じ、「第二の人生と向き合っていく高齢者の実態とリアルな夫婦・家族の在り方を、心地よいユーモアと味わい深い人間ドラマが交差する、心温まるコメディ」として描いたという点にひっかかった。
 うーん、コメディか。原作は軟着陸に失敗してあがく男の心理を丹念に描いている。
 どうして日本の映画はテーマがシリアスになればなるほどコメディタッチにしようとするのだろう。山田洋次監督の影響だろうか。
 いつ行くか迷っているうちに上映期間が終わっていた。DVDで見るしかなくなってしまった。