« 2018年06月 | メイン | 2018年08月 »

2018年07月08日

心の「強靭化」

 全国各地で記録的な大雨が続き、甚大な被害が出ている。ニュースで決壊した河川や自宅の2階や屋根の上で救助を待つ人々のニュース映像を見ると、嫌でも五十嵐川の堤防が決壊した平成16年の7・13水害や23年の7・29水害を思い出す。
 災害は忘れないうちにやってくる。
 水害だけではない。先月は最大震度6弱を観測した大阪府北部地震が発生した。2年前は熊本地震が起き、4年前は御嶽山が噴火、7年前には東日本大震災が発生した。
 忘れる間もない。
 世界で発生した大地震の約1割は太平洋、ユーラシア、北米、フィリピン海という4つの巨大プレートの合流地点にある日本列島で起きているという。世界の活火山の約1割も日本にある。

 日本は自然災害も多いが、自然の恵みも多い。何年か前に放送されたNHK『日本列島~奇跡の大自然』によると、ヒマラヤ山脈やチベット高原によって起きる大気の大循環や、日本列島を囲む暖流と寒流などさまざまな条件が奇跡的に重なった結果、日本は世界一豊かで美しい森林、多様な動植物、世界一多い固有種が育まれたのだという。
 「ハイリスク、ハイリターン」は損失の危険が大きいほど、得られる収益も高いといった投資用語だが、日本列島も危険ではあるが恩恵も多いハイリスク、ハイリターンな自然環境となる。

 自然の猛威に対して、被害を最小限に抑えようと努力することは必要だが、科学技術によって災害をなくす、あるいは防ぐこともできるといった考え方は人間の幻想であり、思い上がりなのだろう。
 海や山、川は人間に大きな恵みを与えてくれるが、時に荒ぶる。防波堤や堤防で抑えられる程度の暴れ方のときもあれば、それでは収まらないときもある。
 最新技術と莫大な予算で国土の「強靭化」を進めても、東日本大震災のときのような暴れ方をされたら、人間は逃げるしかない。

 いざというときは何もかも捨てて逃げる、そのための覚悟と準備をしておく。
 災害が落ち着いたら、失った財産を少しでも奪い返すべく、自然の恵みを享受する。
 そういった気持ちの強靭化も必要なのではないだろうか。

2018年07月05日

発達障害を助長するもの

 自閉症スペクトラムやADHD(注意欠陥・多動性)などの発達障害をはじめ、知的や身体などの障害を持つ児童が増えている。
 特別な支援が必要と思われる児童の割合は全国的には6%程度だが、三条市はそれを大幅に上回る9
%に達している。
 教員が判断した数値であって専門医の診断結果ではないとはいえ、なぜ特別な支援が必要と思われる児童が多いのか。三条市教育委員会は見落としによって対応が遅れることがないよう、可能性のある児童も含めているからだとしている。

 先日、三条市が開いた発達応援講演会には教員や保育士、発達障害児の保護者など約200人が参加。新潟市江南区、発達クリニックぱすてるの東條恵院長から自閉症スペクトラム障害やADHDの症状や対策を聴いた。
 印象的だったのが発達障害を助長するものが「四角い窓などの電子デバイス(メディア)」と「虐待手法の子育て」という指摘だ。

 「四角い窓」はテレビやパソコン、スマートフォン、ゲーム機などのことだ。
 テレビやスマホに夢中になった子どもは「親よりも面白いのは画面なり」になってしまう。
 そうなってからテレビやスマホを取り上げようとすると「四角い窓切って切られる親子の絆」になる。
 東條院長は「ノーテレビ日週月のお試しを!」と、まずは1日、それができたら次は1週間、さらには1か月と徐々にテレビ離れを進めるよう呼び掛けた。

 「虐待手法の子育て」とは、ほめずに怒ってばかりいて、ときには手も出る子育て方法のこと。
 包丁を手に「殺す!」と叫んでいたADHDの五歳児の親が虐待手法の子育てを止めたところ、3か月後には反抗的態度がなくなり、症状も改善されたという。
 自閉症の子がテレビ漬けと虐待手法で育てられると症状が悪化し、愛着障害にもなるという。
 大家族のなかで育てば母親だけでなく祖父や叔母、年齢の離れた姉などからも愛情を注がれる。核家族のいまは愛情障害が起きやすい環境になっているのだという。
 発達障害の保護者だけでなく、すべての親に聴いてほしい講演だった。

2018年07月01日

さらば、スポ根部活

 先日、三条市中学校体育連盟主催、三条市中学校体育大会の記事が三条新聞に載っていた。
 軟式野球の戦績欄を見て驚いた。「三条第二・大崎学園」とある。合同チームという意味だ。
 これまでにも大島中が他校と合同チームで出場したことはある。大島中は1学年1学級の小規模校だ。野球部員が少ないのも分かる。
 三条第二中や大崎学園は1学年3学級以上あり、生徒数も300人近い。そのほぼ半数が男子なのだから、最少9人の野球チームぐらい簡単に組めそうなものだが、それができなかったことになる。

 昨年9月の新人戦には三条第一中と大島中、第二中と第三中、第四中と大崎中、下田中と田上中が合同チームを作って出場した。単独で出場できたのは本成寺中と栄中だけだった。新人戦は3年生が引退した後に1、2年生だけでチームを編成するためだ。
ことしも1、2年生の野球部員が9人以上いるのは三条市内9つの中学校のうち第一中、本成寺中、栄中の3校だけだ。
第二中、第三中、第四中、大島中、大崎学園、下田中の6校は単独ではチームを組めないため、新人戦は合同チームで出場することになりそうだ。
合同チームが集まって練習するのは容易ではない。平日は単独練習、週末に合同練習となる。市教育委員会は平日も合同練習ができるようスクールバスの活用なども検討している。

 かつて男の子が好きなスポーツと言えば野球だった。多くの男の子が巨人や阪神などのスター選手に憧れた。
いま大谷翔平選手がいくら大リーグで活躍しても、スポーツ少年団の野球チームに入る子は増えない。中学校の野球部員はこの先、さらに減る可能性もある。
文科省はことし3月に策定した運動部活動のガイドラインで「週2日以上の休養日を設ける」「活動時間は平日は2時間、休業日は3時間程度とする」と定めた。「現在の運動部活動が、女子や障害のある生徒等も含めて生徒の潜在的なニーズに必ずしも応えられていないことを踏まえ、生徒の多様なニーズに応じた活動を行うことができる運動部を設置する」ことも求めている。季節ごとに異なるスポーツを行う活動、競技志向ではなく、レクレーションや体力づくりを目的とした活動などのことだ。
高校野球の甲子園大会に象徴される熱血スポ根ドラマ型部活動は変わりつつある。