« 2018年05月 | メイン | 2018年07月 »

2018年06月19日

減反マインドコントロール

 「マインド」は心や意識、「コントロール」は統制や制御。「マインドコントロール」を直訳すると、心や意識を統制するという意味になる。
 試合前のスポーツ選手が平静を保ち、かつ集中力を高めるために自分自身の心理状態を調整するのもマインドコントロールなら、監禁事件などの犯人やカルト宗教などが恐怖心などを利用して他人を支配することもマインドコントロールと呼ばれている。
 オウム真理教が信者たちを地下鉄サリン事件や弁護士一家殺害事件などの冷酷で悪質な犯罪に駆り立てたことで有名になった。

 農家もマインドコントロールされているのではないだろうか。
 コメの生産調整のことだ。昭和45年の本格実施から昨年まで47年間にわたり、いわゆる減反政策が行われてきた。
 この間、「3、4割もの田んぼを休耕にさせられたら我々は食べていけない。なぜ自由にコメを作らせないのか」と怒る農家に対し、政府は「自由に作れば米価は暴落する」と言い続けてきた。
 減反しても米価は下がった。
 「話が違うではないか」と迫る農家に、政府は「減反をしなければ、もっと下がった。この程度の下落で済んでいるのは減反のお陰だ」と説明してきた。
 補助金と「米価暴落」の脅し。
 いわばアメとムチで農家を減反政策に従わせてきた。

 政府はことしから減反政策を止めた。
 生産数量目標の配分はせず、目標に従った主食用米の作付けに対する助成も廃止、コメの直接支払い交付金をなくした。
 残したのは大豆やそばなど転作作物への助成だけだ。
 50年近く「減反しなければ米価は暴落」と言われ続けてきた影響もあるのか、農業関係団体などは全国農業再生推進機構を設立し、国に代わって需給調整に努めることにした。
 各自治体も生産調整の「目標」ではなく、「目安」を作った。三条市は2年前と同じく田の59%でコメを生産、41%は減反するという「目安」を示した。
 守る、守らないは農家の自由。守らなくてもペナルティーはない。
 守らない農家もいるが、「米価が気になる」「売り先を見つける自信がない」といった理由で守っている農家も多い。47年間の歳月の重みだ。

2018年06月08日

私はこれで、、、仕事を辞めました

  たばこがやめられずに仕事を辞めた男性がいる。大阪府の職員だったAさん(49)だ。
 Aさんは勤務時間中でも1日に2、3回は無性にたばこが吸いたくなるため、席を離れた。
 府庁舎の敷地内は全面禁煙。府庁舎周辺の路上などでの喫煙も禁止されているため、Aさんは庁舎から150㍍ほど離れた民間ビルの喫煙室まで行ってたばこを吸っていた。
 この間、自席を離れるのは約15分。ことし3月、府庁に「勤務時間中に席を離れてたばこを吸いに行っている職員がいる」との通報が入った。Aさんのことだった。

 人事担当の聞き取り調査に対し、Aさんは「ストレスで吸いたくなったときに我慢できなかった」と話した。
 府はAさんがこの2年間でおよそ440回、合わせて100時間以上にわたり勤務時間中にたばこを吸うため職場を離れたと認定。地方公務員法の職務専念義務に違反したとし、4月16日付けで訓告処分とした。
 Aさんの職場はよりによって府民の健康増進を担う「健康医療部」だった。
 Aさんはこの日をもって依願退職した。

 2年で100時間以上というといかにも悪質な職場放棄のようだが、府が認定した事実は勤務日に1日1回およそ15分間、喫煙のために席を離れたにすぎない。
 大阪府は橋下徹知事時代の平成20年に庁舎や出先機関の敷地内を全面禁煙とし、職員の執務時間中の喫煙も禁止した。
 その結果、休憩時間になると庁舎周辺の路上でたばこを吸う職員が増えたため、通行人や近隣住民から苦情が続出。府は2年後の22年に庁舎周辺などの路上での喫煙も禁止した。
 職員の禁煙についても保健師が個別にサポートするなど、積極的に支援している。

 三条市役所は本庁舎の敷地内に3か所、喫煙所を設けている。
 たばこを吸うのは昼休みなどの休憩時間に限っている職員が多いが、我慢できずに執務時間中に吸っている職員もいる。
 同じ地方公務員でありながら執務中の喫煙が大阪府は職務専念義務に違反し、他は違反しないという判断でいいのかどうか。
 愛煙家は今後、ますます肩身が狭くなりそうだ。