« 病院は建てたけれど | メイン | 先生のホントのお仕事 »

「もしドラ」

 友人が突然「ドラッカーは『企業の目的は顧客の創造である』と言ってるんだよ。その通りだと思うんだよね、僕は」などと言い出した。普段はどこのラーメンがうまいだの、どの店にかわいい子がいるといった類の話ばかりしている男だ。彼からヤマザキナビスコのクラッカーの話なら聞いたことはあるが、ドラッカーなど聞いたこともない。いったい何の話をしているのか。「あれ、知らないの? だめだなぁ、経営学の父と呼ばれている人なのに」。熱でもあるのだろうか。ドランカー(酔っ払い)なら分かるが、ドラッカーは似合わない。
 問い詰めたら白状した。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(ダイヤモンド社)を読んだのだという。装丁は「萌え」風の女子高校生のイラスト。青春小説であるとともに、ビジネス書でもあるという。著者の岩崎夏海さんは作詞家秋元康さんの弟子で、放送作家として「とんねるずのみなさんのおかげです」「ダウンタウンのごっつええ感じ」などの制作に参加。アイドルグループ「AKB48」のプロデュースにも携わった。
 物語の主人公は公立高校野球部のマネージャーになった女子高校生。マネージャーの仕事のためにとピーター・F・ドラッカーが企業経営について論じた著書「マネジメント」を買ってしまう。その勘違いに一時は後悔したが、せっかく買ったのだからと読み進むうちに、ドラッカーの理論が野球部のマネジメントの参考になることに気付く。組織の定義やマーケティングの必要性、働きがいの与え方、専門家の活用、自己目標管理の方法、イノベーション戦略など。こうした理論を活用し、主人公は弱小野球部を生まれ変わらせ、甲子園を目指すというストーリーだ。
 これ一冊を読んだだけで経営学の泰斗のような顔をしている友人から、この本を借りた。面白いのでアッという間に読み上げた。なにしろ「イノベーション戦略の第一歩は古いもの、陳腐化したものを計画的、体系的に捨てること」というドラッカーの言葉から、高校野球に付き物の「送りバント」と「ボール球を打たせる投球術」を捨て去る「ノーバント・ノーボール作戦」を展開する野球部。それが見事に当たって予選を勝ち進んでしまうのだからたまらない。
 面白い小説という点ではお奨めだが、友人のようにこれを読んだだけで「組織の経営というものは…」などと一端の経営者気取りになってしまうという副作用もある。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sugihit.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/143

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)